経済産業省「中小企業のための知的資産経営マニュアル」について

「見えざる資産が未来を創る」

1)知的財産とは「従来のバランスシート上に記載されている資産以外の
無形の資産であり、企業における競争力の源泉である、人材、技術、 技能、
知的財産(特許・ブランド等)、組織力、経営理念、顧客との ネットワーク等、
財務諸表には表れてこない目に見えにくい経営資源 の総称」

2)知的財産の分類MERITUMプロジェクト分類(B/S上に見えざる資産)
象徴手段(シンボル) 業界での順位アップ      関係資産(relatonalcapital)
〃          顧客満足度対応力アップ     〃
〃          従業員満足度アップ       〃
〃          供給業者と良好関係アップ    〃
〃          金融機関への交渉力アップ    〃
〃          組織の柔軟性向上のアップ   構造資産(structuralcapital)
〃          データベース・システムの活用   〃
〃          手続き、文章表現のアップ    〃
〃          イノベーション能力アップ   人的資産(hunancapital)
〃          想像力、ノウハウ、経験アップ  〃 先見力(海外展開)
〃          学習能力、モチベーションアップ 〃 継続力(後継者育成)
〃          商品開発力アップ        〃 推進力(IT化の推進)

事例1 魅力発信レポート:中小企業の持つ技術力、人材、ネットワーク、
組織力などのさまざまな魅力をまとめたレポートで、主に若年の 求職者・
就職希望者に向けて発信するもの。

事例2 知的資産経営報告書:自社の「人材」、「技術」、「技能」、
「知的財産(特許・ブランド等」、「組織力」、「経営理念」、 「顧客との
ネットワーク」などを活用することで業績の向上に 結びつける経営のことを
いう。

 

経営改善計画書(B/S・P/L・C/F等)の提供と「業績検討会」開催 

目指す理想(ビジョン)        経営理念(社是・経営信条)
夢がある者には      →     目標がある
現実の概念(コンセプト) 売上高アップ・変動費ダウン・利益率アップ・固定費ダウン・経常利益アップ・知的資産アップ
目標ある者には      →     計画がある。 P 実現する道筋(シナリオ)
計画(シナリオ)ある者には  →     行動がある。 D 実行
行動がある者には     →     反省がある。 C 検証(業績検討会)
反省がある者には     →     進歩がある。 A 対策(差異検証と打ち手)
進歩がある者には     →     夢がある。  PDCAサイクルの展開

 

金子会計事務所
〒532-0011
大阪市淀川区西中島6-2-3-108
チサン第7新大阪ビル1F
Tel:06-6301-1003
Fax:06-6305-7163


[counter 2012.11~]
本日アクセス数:12
累計アクセス数:210068
本日訪問者:9
累計訪問者:27397